SSブログ

老犬の自宅介護がはじまった [ペット]

わんこ2.JPG
我が家の愛犬ゴールデン・レトリーバー メス12歳が先週末から調子がおかしくなった

人間換算だと89歳らしい

二年前に子宮蓄膿症の手術をしたぐらいで、本当に元気であった

もっとも、アレルギー持ちのため、外耳炎になりやすく、こまめな耳掃除は欠かせなかったが

土曜日に微熱がでで、ほとんど歩かなくなる

おしりから体温計を挿入し検温開始

熱は39.4

抗生物質があったので、投与開始

日曜日も同じような感じで歩かない

抗生物質投与

熱は39.6

月曜日、かかりつけの獣医さんに相談し

抗生物質と解熱剤(ステロイド剤)の投与開始

夜はやはり熱が上がり、40.2

火曜日は比較的落ち着いて 体温は39.6前後で推移

食欲はあり

水曜日朝、検温すると40.6まで上昇、食欲なし

口元に好きな食べ物を持っていっても、反応なし

これはマズイ

たまらずに朝一番でかかりつけの獣医さんへ行き、解熱剤・栄養剤・肝機能をあげる薬を皮下注射

夜の体温は39.4まで落ちる

起こさないと、自分では起きられない

ヨタヨタしながらも、トイレ・水のみ・食事は自分でしてくれる

大きな病院でたくさん検査をして、様子を見ましょうと入院させられたら困る

多少寿命が短くても、家族との時間を大切にしたい

体重は30kg近くあるので、支える方も大変だが

自宅で看取りたい

たたそれだけだ
タグ:老犬の介護
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

血液検査の結果ペットロス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。